投資家ツールのトレーニングビューって何?なぜ有料版がおすすめなのかなどを解説します

皆さんは投資家ツールのトレーニングビューというツールを聞いたことはありませんか?FXトレードなどを行う際にチャートを分析する必要性がありますが、その分析を手軽に行う際にトレーニングビューが活用できるかもしれません。それでは、トレーニングビューとは何か、メリットやデメリット、有料版についてご説明しましょう。

トレーディングビューとは

トレーディングビューとは、アメリカのシカゴの本社があるTrading View Inc.が開発・運営を行っている様々な機能を持ったチャートツールです。

トレーディングビューは他の投資ツールにはない様々なメリットがあるので、株や為替、仮想通貨などの銘柄を一目でチェックしたい時などの場面で活用できるでしょう。

トレーディングビューを使うことの3つのメリット

トレーディングビューには様々なメリットがあるので、是非とも導入したい投資ツールだと言えるでしょう。どんなメリットがあるのかが分かれば、投資家にとって効率の良い投資ができるようになるのではないでしょうか、

それでは、トレーディングビューのメリットについてご説明しましょう。

あらゆる金融商品や銘柄のチャートがチェックできる

トレーディングビューの最大のメリットと言えるのが、トレーディングビュー一つであらゆる金融商品や銘柄のチャートがチェックできることです。

株やFX、先物取引、仮想通貨など様々な金融商品がありますが、それらのツールでチェックできるものは基本的に1種類か2種類に対応しているものばかりです。逆に言えば一つの金融商品に特化しているので余計な情報が入らず、使いやすいメリットがあるでしょう。

しかし、トレーディングビューはあらゆる金融商品や銘柄のチャートがチェックできるという破格の性能を誇っています。あらゆる金融商品は密接に関わり合っているため、一見関係ないようなことでも市場の動向を探ることは戦略の一つです。

あらゆる金融商品や銘柄に対応しているということで見にくいのではないかと思われるかもしれませんが、そのようなことは一切ありません。わざわざ複数のツールを用意することなく分かりやすい表記でチェックできるので、分析やチャートのチェックなどが簡単にできるでしょう。

チャート分析に使えるツールが豊富にある

トレーディングビューでは描画ツールやインジケーターなどのチャート分析に使えるツールが豊富にあります。チャートの分析は上振れを目指すために必要な作業なので、様々な情報を分析して実行に移す際に欠かせません。

チャート分析に使えるツールが豊富にあるのであれば、それらのツールを徹底的に活用できるのが大きなポイントです。

また、もう一つおすすめなのが、チャートレイアウトの保存機能があることです。自分でオリジナルのレイアウトを作成することができるので、オリジナルレイアウトをテンプレート化して保存すればそれ以降はずっとオリジナルテンプレートが使用できます。

手軽に様々なデバイスから設定できる

トレーディングビューはクラウド上で利用できるチャートツールなので、同じアカウントでスマホやタブレット、パソコンなどから手軽にログインできるのがメリットです。連携先が豊富にあるのでいちいちログイン作業を行わずに済みます。

パソコンやスマホなどを買い替えてもクラウド上に保存されている設定を利用することでスムーズにログインできるのもポイントです。これならいちいち設定し直す必要性がないため、手軽に利用できます。

オススメできる人

トレーディングビューがおすすめできる人は、以下の通りです。

  • 複数のツールを用意するのが面倒な人
  • 操作しやすいチャートツールを導入したい
  • パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどからもチャートを分析したい
  • 株やFXなどの金融商品に興味がある

以上のような人たちにトレーディングビューがおすすめできます。

トレーディングビューは他のツールにはない様々な機能が搭載されているため、様々な機能を活用することで数多くの分析ができるようになるでしょう。

利用シーンや使い方のポイント

トレーディングビューを利用する時や使い方には様々なポイントがあります。

トレーディングビューの様々な機能を存分に発揮するためには使いこなせるようにならなければならないため、使い方のポイントを知ることが大切です。

それでは、トレーディングビューの利用シーンや使い方のポイントについてご説明しましょう。

通貨ペアの選び方

トレーディングビューで通貨ペアを選ぶ時は、チャート画面の中に表示されている通貨ペアを選び、確認したい通貨を入力すると候補の一覧が表示されます。この時に確認したい通貨をクリックすることで通貨ペアが選べるようになります。

どの通貨ペアが値上がりする可能性があるのか調べるためにも、確認したい通貨ペアの選び方を知っておきましょう。

アラート設定

アラート設定とは、自分がチャートをチェックできない時に指定した目標値の相場に達した時にアラートで教えてくれる機能です。

たとえば相場が100円だった場合、価格が99円まで下がった瞬間にアラート機能によって知らせてくれます。チャートの上部にある「アラート」をクリックすると、好きなように設定できるのでどの目標値を指定するのか決めましょう。

アラート設定は自分がチャートを見れない時に設定しておく以上、肝心な瞬間を逃さないようにすることができます。

通貨ペアをリスト化

トレーディングビューのメリットはあらゆる金融商品や銘柄がチェックできることですが、あらゆる金融商品から狙っている通貨ペアを探すのは手間と時間がかかります。分析するたびに通貨ペアを作業をしている時間は非常にもったいないので、そんな時は通貨ペアの左にあるマークをクリックすると「フラグ」登録ができます。

フラグに登録した通貨ペアは画面右側に表示されるので、通貨ペアを探す手間が省けるでしょう。

チャートを重ねて比較する

別々のチャートを比較分析したいなら、同じチャートに複数の相場のチャートを重ねて表示させる必要性があります。

やり方は、チャートの上部にある「比較」をクリックします。

次に「シンボルの追加」をクリックして、重ねて表示させたい通貨ペアのシンボルを入力します。すると同じチャート内に複数の相場のチャートが重ねて表示されるので、あらゆる通貨ペアを重ねて効率良く分析しましょう。

分析結果を保存する

チャートの分析結果を保存してこれからの投資をどうするかじっくり考えたい人は、チャートレイアウトの保存を行いましょう。

チャート上でインジケーターやテクニカル分析ツールなどを使って導き出した分析結果を後から確認したい時に活用できる機能です。トレーディングビューにログインしている時しか利用できませんが、再度ログインした時に読み込みボタンをクリックすると、前回保存した分析結果を復元することができます。

SNSに発信する

自分が分析したチャートやトレード方針などをSNSに投稿して意見交換をしたい人もいるでしょう。そんな時は、チャート画面右上にあるカメラのマークをクリックしてTwitterを経由し、自分の意見を発信しましょう。

スマホであれば取引画面からTwitterに投稿できるので、意見交換がやりやすくなります。

スクショの撮り方

チャート分析を保存したい時は、スクリーンショットを撮って保存するのがおすすめです。

やり方はとっても簡単で、チャート右上のカメラのマークをクリックするだけです。クリックすると画像を保存するかリンクをコピーするか聞かれるので、どちらかを選びましょう。

他の投資ツールとの違い

他の投資ツールと違うのは、やはり株やFXm仮想通貨などのあらゆる金融商品や銘柄をチェックできることでしょう。他の投資ツールは基本的に1種類か2種類の金融商品や銘柄に特化しているため、もっと多くのチャートを分析したい人には向いていません。

トレーディングビューは基本無料なのにあらゆる金融商品や銘柄のチェックができることを考えれば、もはや他の投資ツールなんて必要ないと言ってしまう人も多数出てくるのではないでしょうか。

有料版を利用する3つの機能的メリット

トレーディングビューには無料プランがあるので有料版じゃなくてもいいと思うかもしれませんが、機能制限がかけられているので有料版を利用する機能的メリットがあります。

それでは、無料版ではなく有料版を利用する3つのメリットについてご説明しましょう。

バーのリプレイ機能がある

バーのリプレイ機能とは、チャートの右側を隠して過去検証ができる機能です。

過去検証を行うことによって、自分のテクニカル分析は通用するのか、天井でショートできるのかなど、今の自分の分析能力が通用するのかが分かります。もしも右側に隠していた結果が自分の分析と違っていた場合、分析力を磨く必要性があるでしょう。

出来高プロファイルインジケーターが利用できる

出来高プロファイルインジケーターとは、本来縦に表示されている出来高を、価格ごとに出来高の多さを横軸で表示する機能です。

チャートを分析するにあたって重要な機能であり、その価格帯が元も出来高が多いのか、ダブルトップになっているのか、売りと買いが反応しているのはどの部分なのかなど、細かな分析ができます。

アラートの設置数が多い

もっと多くの金融商品や銘柄をチェックしたい人は、無料版のアラートの設置数では到底足りないでしょう。そんな時に有料版にすることで、アラートの設置数を増やすことができます。

Proだと10個、Pro+だと30個も設置できますが、プレミアムプランだと圧巻の400個もアラートを設置することが可能です。アラート機能をもっと使いたい人におすすめの機能です。

トレーディングビュー有料版の価格

トレーディングビューはベーシックプランであれば無料で使用できますが、有料版としてPro、Pro+、プレミアムがあります。それぞれの価格は、以下の通りです。

支払い方法 Pro Pro+ プレミアム
月払い 約1,650円/月 約3,300円/月 約6,600円/月
年払い 約17,000円/月 約32,900円/月 約65,900円/月

以上の値段になるので、どの有料プランを利用するか検討しましょう。

トレーディングビューのデメリット

トレーディングビューには魅力的なメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

それでは、トレーディングビューのデメリットについてご説明しましょう。

無料プランでは機能に限界がある

トレーディングビューには無料版と有料版があるので、最初は無料版を使うのがおすすめです。無料版でもあらゆる金融商品や銘柄をチェックすることができますが、使いこなせるレベルになると不便に感じることもあるでしょう。

何故なら、複数のタブで複数のチャートを表示することができず、3つまでしかインジケーターを使用することができないからです。機能面に制限がかけられているからこそ、有料版に切り替えることで存分に真価を発揮することができるでしょう。

トレーディングビューから直接トレードできる業者が少ない

トレーディングビューから直接トレードできる業者が少ないのは大きなメリットです。

直接トレードできるのは3社のみで、他の業者は証券会社のオリジナルツールを使うより他に方法がありません。後から増える可能性はありますが、現状ではデメリットになります。

多機能なので使いこなすのに時間がかかる

トレーディングビューには様々な機能がありますが、あまりに多機能すぎて使いこなせるようになるまで時間がかかるのが大きな問題です。こればかりは一つ一つの機能を理解して、要所要所で使えるように練習するしかないでしょう。

顧客が思う質問と回答

顧客からのよくある質問は、以下の通りです。

Q:携帯のカメラで免許証や保険証を撮影するとぼやけます
A:カメラの編集モードや画像サイズなどの調整を行ってください

Q:どのクレジットカードに対応していますか?
A:VISA、VISA Debit、MasterCard、Debit MasterCardの4種類です。

Q:口座間の資金移動は可能ですか?
A:トレーディングビューにログインした後に手続きができます。どのような口座タイプや取引ツール、口座のベース通貨が違っていても問題なく資金移動ができます。

レビュー

実際にトレーニングビューを活用した人のレビューは、以下の通りです。

  • トレーニングビューで一覧にして、大幅下落したやつのチャートを覗いて良さげなら買う。そして上がったら売る。というわらしべ長者投資法。税金計算で地獄をみる!笑
  • FXトレードではモニターは1つで十分だわ

PCでトレーニングビュー開いて

スマホでFXのアプリ開いて

これで2つモニターある

トレーニングビューなら通貨ペアをメニュー画面に入れとけば、方向キー1つで他の通貨ペアをすぐ見れる

その方が気楽

  • トレーニングビューもブラックフライデーセールあるんだ(*´ω`*)
    トレーニングビューPROにはめっちゃ世話になってます
  • FXはスマホでやると勝てないよ。トレーニングビューを見ないとhttp://FX.CFDは勝つのは無理。情報がかぎられる。課金しても元はとれるよ。月1500円ならやるべきだよ。

以上のように様々なレビューがあるので、是非ともトレーニングビューを導入して投資に役立ててみてはいかがでしょうか。

まとめ

投資家ツールのトレーディングビューは、あらゆる金融商品や銘柄をチェックできる非常に利便性が高い機能が搭載されています。無料版と有料版があるので、まずは無料版から試してみるとその凄さがよく分かるでしょう。

もちろん無料版で使いこなせるようになってくると不便に感じる部分が出やすいので、有料版に切り替えるのがおすすめです。有料版にしかない機能もあるので、是非とも有料版に切り替えてみてはいかがでしょうか。

トレーディングビューを使ってみる